月桃を飲むと、沖縄美人のような美肌になれる

月桃の葉は、古くから、沖縄では親しまれてきた

月桃の葉は、古くから、沖縄では親しまれてきた

月桃は、沖縄や屋久島などの山野に生える、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草なんですね。初夏には、芳香のある、その名のように可愛らしい蘭に似た黄色い花を咲かせる為、観賞植物としても、楽しまれています。
この月桃の葉を乾燥させて作るのが、月桃茶になります。

月桃の葉を乾燥させて作るのが、月桃茶
この月桃の葉は、沖縄では「サンニン」と呼ばれ、その葉に防虫・防カビ効果がある事から、古くから、月桃の葉で食品を包んで保存する習慣があるそうですよ。

面白い事に、月桃が自生している近くの畑では、作物が害虫から守られたり、雑草が生えにくかったりもするそうなんです。

乾燥させた葉は、タンスの中の防虫剤代わりとしてや、ゴキブリ除けとしても使われているようですよ。また、月桃の葉から取れる油は、甘い香りがする為、アロマオイルや香料としても、使用され、アロマテラピー効果があるようです。

葉の汁を、身体に塗ると、虫に刺されにくいというのも、月桃が親しまれる理由の1つかもしれないですね。

月桃茶で沖縄の女性が美肌になれる3つの理由

月桃茶で沖縄の女性が美肌になれる

アンチエイジング効果が高い

赤ワインやココアに多く含まれると言われるポリフェノール。月桃の葉には、このポリフェノールが赤ワインの34倍も含まれると言われています。

主に、タンニンやフラボノイドといったポリフェノールで構成されているのですが、それらは、強い抗酸化力を持つ為、紫外線ストレスからお肌を守ると言われています。

良質の睡眠が得られる

月桃の葉から、アロマテラピー効果のある油が取れるとご紹介しました通り、月桃茶の香りには、ストレスを和らげ、心を穏やかにする効果があります。筋肉の緊張が和らぐので、リラックスする事ができます。

また、冷えを取ってくれる効果もあるので、お休み前に飲むと、良質の睡眠に繋がります。

不足しがちなミネラルを補給

月桃茶には、ポリフェノールだけでなく、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛といったミネラルが含まれています。ミネラルは、健康な生活を送る為には、欠かせない栄養素です。

ですが、日頃の食事では不足しがちな栄養素でもあるんです。

それが、お茶で簡単に摂れる事で、健康にも大きく貢献してくれそうですね。

お茶でスキンケアもできるなんて凄い!

月桃茶に含まれるタンニンには、嬉しい効果

月桃茶に含まれるタンニンには、嬉しい効果があるんですよ。

肌の引き締め効果となる収れん作用です。収れん作用とは、タンパク質の質を変えて、組織や血管を引き締める事なんですね。

つまり、直接、お肌につければ、肌を引き締め、毛穴も目立ちにくくなり効果が期待できるという事なんです。

毛穴が目立ってくるのは、お肌のたるみが原因だとも言われますが、毛穴が引き締まるという事は、お顔もキュッと引き締まるからだという事ですよね。つまり、小顔効果が期待できるという事です!

お茶の水女子大学の藤原助教授によると、月桃には、優れた抗炎症作用があり、シミの原因になるメラニン色素の合成を抑制し、シミを防いでくれる効果があるそうです。

月桃茶を直接、肌に塗ると良いみたいですよ。

美白効果が期待できそうですね。

これだけでも、美肌への期待は十分高まっていらっしゃるのではないかと思います。ところが、まだ興味深い効果があるんです。

葉の抽出液には、コラーゲンの生成を促進する作用があり、お肌の潤いや弾力を保つのに必要な成分を補給してくれそうです。

アクネ菌への殺菌効果もあるという事で、トラブルのない肌へ導いてくれそうですね。毎日の積み重ねから、5年後、10年後の美肌は作られると言われています。

外から、中から、美肌への効果の期待抜群な月桃茶を毎日の生活に取り入れて、沖縄美人のような美肌を目指してみませんか。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。