注目の原料、月桃茶の成分とは

月桃は沖縄地域に自生する野草です。

月桃茶の成分とその効果効能

月桃(ゲットウ)は沖縄地域に自生する野草です。

ショウガ科ハナミョウガ属の植物で、沖縄ではサンニンとも言われています。

月桃にはゲットウポリフェノールを始めとして、他にもさまざまな脂肪酸類が含まれています。

月桃を基にして作られる月桃茶の成分とそれぞれの作用について書いていきます。

ゲットウポリフェノール

まずゲットウポリフェノールについてです。

月桃に含まれるポリフェノールは、ゲットウポリフェノールと言います。赤ワインと比べると、そのポリフェノールの値は34倍といわれています。

このゲットウポリフェノールは主にタンニン類とフラボノイド類で構成されています。

タンニンは、お茶のカテキン類と同じです。渋みの元で老化防止作用、ガンの抑制作用、脂肪吸収の抑制作用があります。

フラボノイドは、ビタミンCの吸収を助けて酸化を防ぐ働きをします。

水溶性のビタミンPもフラボノイドの一種です。

毛細血管への働きかけをするとともに血流を良くする作用もあります。

リノール酸、オレイン酸、リノレン酸

次に、月桃茶の成分には脂肪酸類として、リノール酸、オレイン酸、リノレン酸が含まれているということがわかっています。

リノール酸は、脂肪の分解を促します。そして分解した脂肪を燃やしてしまいます。

約14種類のアミノ酸が成分として含まれています。

その中に必須アミノ酸が6種類含まれています。

このアミノ酸の働きとして体内に三つの効果があります。

  • 第一に筋肉の合成促進を行います。
  • 第二に疲労、ストレスを取り除きます。
  • 第三に体脂肪を取り除きます。

つまり、月桃茶を摂取することによって太りにくい身体作りができます。

肌に対して月桃茶の成分は主に三つの作用を促します。

肌に対しての月桃成分

それはコラゲネーゼ阻害作用、ヒアルロニターゼ阻害作用、チロシナーゼ阻害作用です

コラゲネーゼ阻害作用はコラーゲン分解酵素を抑制する働きがあります。

ヒアルロニターゼ阻害作用は保湿作用を高めアレルギーを抑制します。

チロシナーゼ阻害作用は美白作用です。

シミ、日焼けあとなどの肌の変色を防止します。

これらのことから、月桃茶の成分が及ぼす効能効果として六つのことがあげられます。

  • 第一にアトピー性皮膚炎、ニキビその他皮膚障害 かゆみの改善です。
  • 第二に抗酸化作用による肌の美白効果、シミ、小ジワの回復作用です。
  • 第三に肌内のヒアルロン酸、コンドロイチン等を活性し保湿機能を高める作用です。
  • 第四に血圧降下作用、血糖値降下作用、利尿作用です。
  • 第五に黄色ブドウ球菌、腸炎ビブイオ及び大腸菌等抑制作用、食中毒菌の抑制作用です。
  • 第六にピシウム菌に対する抗菌活性作用です。
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。