沖縄に伝わる月桃茶とは 

月桃茶とは現代女性の強い味方

月桃茶とは現代女性の強い味方

長寿県である沖縄、その沖縄伝統のお茶の一つに、月桃茶というものがあります。

沖縄の人々に長く親しまれている月桃茶とは、いったいどんなものなのでしょうか。

月桃とは、ショウガ科ハナミョウガ族の多年草で、日本では沖縄や屋久島などに生息している、可愛い花を咲かせる植物です。葉には、防虫や防カビの効果があり、生息地である沖縄では、古くから食品の保存に使われていました。

この葉を乾燥させたものを沖縄では「サンニン」と呼びますが、月桃茶とはこの「サンニン」のことをいうのです。

月桃茶には、多くの栄養素が含まれています。

月桃茶には、多くの栄養素

出展:http://www.shima-girl.com/

例えば、フラボノイドなどのポリフェノールの含有量は、赤ワインの34倍とも言われています。ポリフェノールにはいろいろな種類がありますが、フラボノイド類は高い抗酸化力を持つので、アンチエイジングのような美容面の効果だけでなく、アレルギー症状やガン、生活習慣病などの改善といった健康面の効果も期待できます。

他にも、月桃茶には鉄やマグネシウム、カルシウムといったミネラル類も多く含まれています。普段の食事では摂取しにくいミネラル分を、毎日手軽に飲めるお茶から摂取できるのは、忙しい毎日のなかで健康を気遣う者にとってはとても嬉しいことです。

relax-img

月桃の葉から抽出される甘い香りの油は、アロマオイルや香料としても利用されていて、沖縄を拠点とする「ブルーシールアイスクリーム」のフレーバーの一つとなっています。

月桃茶にもその香りは残っていて、ストレスを和らげ心を穏やかにしてくれます。何かとストレスの多い現代で、肩こりを訴える人が多いのは、日々の緊張で筋肉がこわばっているせいもあります。リラックスして筋肉の緊張を和らげることは、冷え症や肩こりの防止にもなります。

月桃茶に含まれるポリフェノールの一種であるタンニンには、収れん作用があります。これは、タンパク質の質を変えて組織や血管を引き締めるという、女性には化粧水などでおなじみの効果です。つまり、月桃茶を直接肌に付ければ、肌を引き締め毛穴を目立たなくさせることも可能ということです。

月桃茶とは、飲んで身体の中から健康になるだけでなく、外側からのスキンケアもできるお茶なのです。

沖縄といえば、強い日差しの降り注ぐ地域です。しかし、そこに暮らす人々はいつも若々しく、元気な人々という印象があります。

古くから飲み続けらえている月桃茶とは、そんな沖縄の人々の元気と美しさを支えているもののひとつと言えるでしょう。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。