月桃茶は妊娠中に飲める?

月桃茶は妊娠中にお勧め

月桃茶は妊娠中に飲める?


月桃って?

沖縄県ではサンニンと呼ばれている月桃

5月~6月に白い大きな花を咲かせ、9~10月頃に赤い実を結ぶ、ショウガ科のきれいな植物です。

沖縄県ではサンニンと呼ばれ、そのほか、シェルジンジャーともいわれます。

月桃は香りが強く、アロマオイルや香料としてよく使用され、とても良い香りがします。

種子は乾燥させ、主に健胃、整腸の効果を持つ薬として使用されたりもしています。


月桃茶

月桃を乾燥させて煮だしたハーブティー

月桃茶は月桃を乾燥させて煮だしたハーブティーで、月桃の甘い香りがします。
ただいい香りがする、美味しいだけではなく、栄養も満タンなんです。

ポリフェノール

月桃茶には赤ワインの約34倍ものポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは、フランスのボルドー大学の科学者セルジュ・レヌーが効果を研究した植物の成分です。

フランスのボルドー大学

セルジュ・レヌ―は「フランス、ベルギー、スイスに住む人々は、他の西欧諸国の人々よりもチーズやバターといった乳脂肪、肉類、フォアグラなどの動物性脂肪を大量に摂取しているにもかかわらず、心臓病の死亡率が低い」という説を打ち出し、彼らが日常的に飲んでいる赤ワインに着目。

人間を始めとする動物が、赤ワインに豊富に含まれる「ポリフェノール」を摂取すると、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上すると発表しました。

またそれだけでなく、強力な抗酸化物質なので、「アンチエイジング」「アレルギーの改善」「ガンや生活習慣病の改善」などに効果があると言われています。

ですから、月桃茶を飲むととても体に良いのです。


ポリフェノールだけではない栄養成分!

月桃茶にはポリフェノールだけでなく、食物繊維やカルシウム・マグネシウム・鉄分などのミネラル類が含まれています。

日本人はミネラル不足の傾向があるので、毎日飲むことで健康に大きく貢献してくれます。

月桃茶は妊娠中に飲める?

これだけ健康によい月桃茶ですから、もちろん妊娠しているときにはさらに飲みたいもの

月桃茶は妊娠中に飲める?と考える方も多いと思います。


妊娠中、大豆ポリフェノールはその成分にイソフラボンを含んでいるため、過剰に摂取するとホルモンバランスを崩してしまうため、あまり取り過ぎない方が良いとされています。

しかし月桃のポリフェノールは大豆とは関係ないため、問題ないと思われます。

さらに月桃には、コーヒー緑茶などに多く含まれ、妊娠中は控えたほうが良いとされるカフェインが含まれていません。そのため、妊娠中も安心して飲むことができます。

まとめ

妊娠中も安心して飲めます。

月桃茶は妊娠中に飲める?
妊娠中も安心して飲めます。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。