月桃茶の産地と効能

南の島が育む美肌の月桃茶

南の島が育む美肌のお茶

月桃とはショウガ科ハナミョウガ属の多年草で、沖縄や屋久島などの亜熱帯に多く生息しています。
なので月桃茶の産地も沖縄や屋久島などが中心となっています。
月桃はその名前の通り、小さく可愛らしい花を咲かせ、観葉植物としても愛でられています。
この葉っぱの部分を乾燥させて作ったのが月桃茶で、月桃茶の産地である沖縄では「サンニン」とも呼ばれています。
この月桃茶には美肌を作る三つの効能が含まれてると言われ、昨今美しさを求める女性たちの間で注目されつつあります。


一つ目はポリフェノールです。

一節ではポリフェノールの代名詞でもある赤ワインの約34倍ともされており、紫外線ストレスから女性の肌を守ります。


二つ目はリラックス効果です。

月桃茶の香りには心の安らぎを高め、ストレスを緩和する効力があります。
ストレスから解放される事により全身の筋肉が弛緩して血行が良くなる他、就寝前に飲む事でリラックス効果を促し、上質の睡眠を得る事ができます。


三つ目はミネラル成分が豊富という事です。

月桃茶にはカルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛といったミネラル成分が多く含まれています。

ミネラルは細胞に栄養を届け人間の身体を構成するのに欠かせない成分ですが、通常の食事からはなかなか摂取しにくいのが難点です。
その事からサプリメントで摂取する女性も多くいますが、月桃茶はそのミネラル成分を強く意識せずとも自然に摂取できるのです。

その他にも月桃茶にはいい働きが!?

月桃茶にはその他にもいい働きが

その他にも月桃茶の産地である沖縄には美肌美人が多い事からも知れるように、このお茶はスキンケアにも効能があります。


飲むだけでなく直接肌に塗布する事で、月桃茶に含まれるタンニン肌の組織や血管をキュッと引き締め毛穴を目立たなくさせる効果があります。


シミの元になるメラニンの生成を抑えてくれる効果もあるので、飲んでも肌に塗っても紫外線からお肌を守ってくれるのです。


また、月桃茶の産地である沖縄では葉に含まれる防虫・防カビ効果から、かつては葉で食品をくるんで保存していたそうです。


その事から、飲み終わった茶葉を乾燥させて靴箱やクローゼットの防虫剤代わりに使う事ができます。

まとめ

このように月桃茶には多くの効能や用途があります。


上記以外にも便秘の改善、血圧や血糖値の安定などにも効果があり、口当たりも良くスッキリとした飲み口で、食事時にもピッタリのお茶です。


ふわりとした甘い香りを楽しみながら内側からキレイになれてしまう女性のためのお茶、それが月桃茶なのです。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。