月桃茶は血糖値を下げる効果

月桃茶の副作用はあるのか?

月桃茶の副作用はあるのか

 健康茶ブームなどが何年かおきにおこりますが、健康に良いとされるお茶の中で、月桃茶というお茶があるのをご存じない方も多いと思います。

月桃茶は血糖値を下げる効果殺菌作用などがあるとされていますし、また、糖尿病に効果があるなどとされて、症状のある方で飲んでいる方も多いお茶です。


そもそも、月桃(げっとう)というのは、特別な珍しい植物というのではなくて、沖縄県では普通に知られている植物で、沖縄や台湾をはじめとする亜熱帯に生息している植物です。

その名前の由来は、花のつぼみが桃のような形をしていることから「月桃」と名づけられています。


月桃の葉には独特の香があって、殺菌作用などもあるので、漢方薬としても使われて血圧降下や利尿、活性酸素除去などの効果がある事がわかっています。

血液を下げる効果があるという事で糖尿病で悩む方が、その治療の為にと引用しているケースが多く、著名人の方でも月桃茶を愛飲している方がいます。


また月桃にはポリフェノールが赤ワインの約30倍も含まれていてポリフェノールの中でも効力が強いケルセチンが多く含まれています。その効果としては、血中の脂肪を排出して、血液をサラサラにしてくれます。

ケルセチンは、フラボノイドの一種で、配糖体または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれる。黄色い色素で、古くから染料としても用いられてきた。
参照:ケルセチン – Wikipedia


また月桃には、リラックス効果や血行をよくする効果もあって、月桃茶などで、ゆったり香りを楽しんで健康に役立てるアロマテラピー効果も注目されています。


さらに月桃は、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどのかゆみを抑える効果もあって、月桃に豊富に含まれるポリフェノールには炎症を抑える効果もあり、花粉症などアレルギーの抑制のために月桃茶を飲む人もいます。

月桃に豊富に含まれるポリフェノール


月桃茶には、こういった様々な効能の上がる一方で、効果がある分、月桃茶の副作用を心配する声も多いようです。

そこで月桃茶の副作用を色々と調べてみたのですが、月桃茶の副作用についての報告は見つかりませんでした。

そもそも、月桃はお茶や漢方薬として古来から使い続けられている植物ですから、その歴史の中で安全性がある程度証明されているという事も出来ます。

古くから現在まで続いているという事が安全性の証明とも言えます。

月桃茶の大きな副作用というのは見当たりませんが、人によってはお腹を下すといった症状が出る人もいるようです。


結論としては、これといった大きな副作用は報告されていないようなので、月桃茶の副作用に関しては現在の時点ではそれほど心配する必要はないといえます。

月桃のサプリメントとその効果に関する説明
月桃の優れた効果と解毒作用と摂取方法について 月桃(ゲットウ)は熱帯や亜熱帯地域に成長することが多い多年草で、強い紫外線の影響から自身...

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。